男性型脱毛症からの脱却

クリニック処方が可能な男性型脱毛症の治療薬

男性型脱毛症(AGA)の治療方法には様々な種類がありますが、このうち男性型脱毛症専門のクリニックにおいてよく用いられているのは薬物療法です。男性型脱毛症専門のクリニックで処方される治療薬としてまず挙げられるのは、フィナステリドと呼ばれる成分が含まれている内服薬です。この成分は、日本では唯一男性型脱毛症の治療薬として認可されているもので、体内に投与すると5α還元酵素を阻害して、男性型脱毛症の症状の進行に関与するジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの生成を抑制します。日本では製造・販売が行われているフィナステリド含有薬は長らく1製品のみである状況が続いていましたが、2015(平成27)年4月に後発医薬品に位置づけられる製品の販売が開始されており、多くのクリニックで先発品と後発品の両方を処方するようになってきています。また、ミノキシジルと呼ばれる成分が含まれる治療薬も、男性型脱毛症の患者に対してよく処方されています。この成分は、元々高血圧の治療を行うための血管拡張剤として開発されたものですが、後に多毛症の副作用が発見されてからは育毛剤としての研究が進められ、現在は内服薬は高血圧の治療に、外用薬は育毛剤として主に使用されています。日本では、外用タイプの発毛医薬品として製造と販売が承認されており、AGA専門クリニックでも処方されることがあるほか、薬局やドラッグストアでも手に入れることができます。内服薬としては製造と販売は未承認となっていますが、外国から輸入したミノキシジル含有の内服薬を処方していたり、ミノキシジルとフィナステリドを適量混合させたカプセル剤を処方しているAGA専門クリニックが一部で見られます。

男性型脱毛症を治す薬の仕組みと成功率

男性型脱毛症(AGA)は多くの成人男性が悩む男性特有の薄毛、脱毛症のことです。この男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンの働きによって引き起こされます。テストステロンは睾丸で主に産生されますが、その産生量は思春期ごろから急激に多くなり20代でピークを迎えます。よってその頃から男性型脱毛症の発症リスクが増加していきます。男性型脱毛症の治療にはプロペシアやアボルブという薬が使用されます。これらが有効性を示す仕組みについてここから説明します。男性型脱毛症の発症機構に関してですが、テストステロンが睾丸から血液中に放出され、循環血液にのって毛根組織に到達すると、毛根組織に存在する5αリダクターゼによって活性型のジヒドロテストステロンへと変換されます。これが毛根組織中のアンドロゲン受容体と結合すると、毛の成長期を短縮させ、薄毛、脱毛症を引き起こします。プロペシアやアボルブはこの5αリダクターゼの働きを阻害することによって、男性ホルモンのテストステロンが毛根に作用しにくくするような薬です。男性型脱毛症には遺伝的要因も関与しているので、親族に薄毛の人がいる場合には予防的にプロペシアやアボルブを使用することがあります。このような予防的な使用に関しては1年間使用を続けた場合の有効率が97%程度といわれています。一方、薄毛や脱毛症が進行した状態からプロペシアやアボルブの使用を開始した場合には1年間使用を続けても有効率は40%程度です。しかしながらそのような方でも使用を3年間続けた場合には有効率が80%程度にまで上がります。よって、薄毛や脱毛症が進行してしまう前から使用することが効果を得るためには重要と言えます。

医師も推奨するAGA治療薬の種類とジェネリック薬

男性型脱毛症とは思春期以降に発症する進行性の脱毛症の事でAGAと呼ばれ、典型的な経過ではM字に生え際が後退していきます。この男性型脱毛症の要因は遺伝子が関係していると思われその発症には遺伝と男性ホルモンが関与し、家族性に現れる傾向があると思われています。男性型脱毛症は進行性の脱毛症であり手を施さないでいると必ず進行していく厄介なものですが専門医の治療で治ります。その治療薬にはプロペシアという2005年に男性型脱毛症治療薬として発売された国内初の経口型の育毛剤があり、その有効成分フィナステリドには抜け毛の原因となる5αリグクターゼを阻害する作用があります。ローションタイプの外用薬としては血管を拡張して血行を促進する効果のあるミノキシジルを配合したロゲインなどがありますが、このミノキシジルにも経口タイプのものがあります。プロペシアのジェネリック医薬品としてエフペシアというものがあり発がん性などが指摘されているキノリンイエローが使われておらず、安全性が考慮されているフィナステリド錠となっています。ロゲインのジェネリックではカークランドというものがあります。こちらはミノキシジル5%配合のローションタイプで、ロゲインと同じ成分となっています。ミノキシジルは配合量が多い程効果も高いのですが頭皮のかゆみなども生じることがありますのでこのカークランドは初心者に向いていると言えます。逆に上級者向けとなるのがポラリスNR-10で、ミノキシジル16%と配合量が多くローションタイプでは最も高機能と言われています。経口タイプのミノキシジルではミノキシジルタブレット10mgがあり発毛力は最強と言われますが、その分副作用もありますので注意が必要です。
■ジェネリックの育毛剤で費用節約!
ツゲインを使って髪の毛を若返らせる
■プロペシアでダメならこれを試してみよう
アボダート