男性型脱毛症からの脱却

男性型脱毛症が発症する年齢と兆候

薄毛になりたくない男性が特に注意したいのが男性型脱毛症ですが、気になるのが何歳位になったら発症するのかという点ではないでしょうか。当然、個人差がありますので発症年齢を一概に言う事はできないのですが、早い人の場合ですと10代の後半から発症する事があります。そして遅い人の場合ですと50代を超えてから発症する事もあるようです。多くの場合は20~30代位で発症するとされていますので、その位の年齢の方が薄毛になってきた時には男性型脱毛症の可能性を疑ってみた方が良いでしょう。
そして男性型脱毛症について気になるのが発症した際の兆候かと思われますが、兆候としては抜け毛の増加です。
男性型脱毛症になると毛周期が短くなると言われていますが、毛周期が短くなる事によって、本来なら成長するはずの髪の毛が成長しなくなり、抜け毛が多く発生するようになるのです。年齢にもよりますが、抜け毛は多い人ですと1日に大体100本程度は発生すると言われていますが、それを大きく上回るようなら要注意と言えます。
そして抜け毛をチェックしてみる事で兆候を判断する事ができますが、細く短い状態の抜け毛が多い場合は男性型脱毛症の可能性があります。毛周期が短くなった事によって髪の毛がしっかりと成長していないという表れであり、男性型脱毛症の可能性が高いです。
その他にも生え際やつむじ部分が薄くなってきた時にも兆候と言えます。男性型脱毛症のなり方にはいくつかのパターンがあるのですが、そのパターンの中でも多いのが生え際やつむじの薄毛です。どちらか一方から薄くなる事もあれば双方から薄くなる事もありますが、該当箇所から薄くなっている場合は発症した可能性が高いと言えます。