男性型脱毛症からの脱却

頭皮マッサージで改善しない男性型脱毛症は植毛

頭皮マッサージは薄毛対策の、基本中の基本と言われています。
毛根に髪を作る栄養素を運んでいるのは血液です。
その血液の流れが悪くなってしまうと、当然毛根には必要な栄養素が行き渡りません。

頭皮マッサージをすると、頭皮の血行が改善される為、発毛効果が期待できます。
ただ、頭皮マッサージは血行不良により起きている、薄毛の解消には有効ですが、これ以外の原因で薄毛になっているという場合、さほど効果は期待できないようです。

頭皮マッサージの効果が現れないと言われているのが、「男性型脱毛症」いわゆるAGAです。
男性型脱毛症はジヒドロテストステロンという、男性ホルモンが要因となり起こる脱毛症と言われています。
ジヒドロテストステロンが髪を作る組織、毛乳頭の働きを阻害してしまうのです。
男性ホルモンが原因で起こる男性型脱毛症は、いくら頭皮をケアしても、なかなか発毛の効果は感じません。

男性型脱毛症の場合、生え際と頭頂部という、頭皮の一部分が局所的に薄くなります。
ですので、特に薄毛が目立ちやすくコンプレックスとなりがちです。
早く薄毛を解消したいという場合、植毛で対策する方法もあります。

現在、植毛では後頭部や側頭部にある、自分の毛根を薄毛となっている部分に、植え替える施術が一般的となっています。
自分の毛根を移植する形となる植毛では、自分の髪と同じように髪が生えたり抜けたり、また白髪になるなど見た目はとても自然です。

生え際や頭頂部に植毛しても、また抜けてしまうのではと心配に思う方もいるでしょうが、後頭部や側頭部にある毛根は磁気泥テストステロンの影響を受け難い為、生え際や頭頂部に移植しても、生えなくなるという事はありません。

自然な見た目で薄毛を解消できるので、植毛を選択する男性は増えつつあります。